ワカサギ釣り入門

ワカサギ釣りについて

『ワカサギ釣り』、数ある釣りの対象魚の中でも“手軽さ”という点で秀で、自然の中で四季折々の風景を感じながら「釣って楽しい」「食べて美味しい」を存分に堪能できるアウトドア・レジャー度が高い釣りです。
ですから、初めて釣りをする方や、休日をアウトドアで過ごすレクリエーションの一つとしてやってみたい方には大変オススメの遊びだと思います。

ワカサギ釣りで必要な基本的な道具(竿、リール、仕掛け、餌)

ワカサギ釣りを始めるにあたって、道具がなければ始まりません。釣り場には、貸し竿を用意してくれているところもありますが、自分で道具を揃えて臨む方が、圧倒的に楽しさが違います。
初心者用の道具は手頃な値段で買えるので、ぜひこの機会に一式揃えてみましょう。

ワカサギ釣りであると便利な道具

ここでは、ワカサギ釣りにあると便利な道具を紹介します。どれもないよりはあったほうが便利な道具ですので、余裕がある人は是非用意してみてください。

ワカサギの釣り場選びについて

全国各地にワカサギ釣りができる場所がありますが、ワカサギ釣りといっても、釣り方はさまざま。釣り場、釣りのスタイル選びは最も重要なことです。
自分が行く湖がどんな釣りができるのか、またはどんなスタイルでワカサギ釣りを楽しみたいのか。あらかじめ考えて、調べておくと困りません。
また、それぞれ行きたい場所の解禁期間を調べておくことも忘れないようにしましょう。

ワカサギの基本的な釣り方

魚釣りは、底を取ることが基本中の基本です。初心者の方は、何よりも先に「底を取る」ことを覚えましょう。これを知っているのと知らないのとでは釣果に雲泥の差が出ます。
シンカーをスルスルと沈めていくと、ある地点でフッとシンカーの重みが消えるか、またはラインが自然と止まります。それが、湖の底まで落とせたという証拠。底取りは、簡単なように見えて以外と難しいのです。風や水中の流れでうまく底を取れない人も大勢います。

ワカサギ釣りの釣果アップのための釣り方のコツ

釣果アップのためには、大きく三つのことを念頭に入れておくといいと思います。「パターン」と「手返し」、そして「タックルバランス」です。